函館の名物ハンデキャップ重賞!波乱必至の函館記念を制するのは?

hakodatekinen GIII

7月14日(日)第55回函館記念《G3・函館芝(右回り)2000m》

目次

  • <函館記念レース概要
  • 函館記念 出走予定馬(騎手は想定です)
  • 函館記念レースデータ
  • 函館記念主な注目馬

〇函館記念レース概要

hakodatekinen

函館記念は、函館競馬場で行われる重賞競走の中で最も歴史が古く、
1965年に3歳以上のハンデキャップ重賞として創設されました。
創設当初は芝2400mで行われていましたが、1968年に芝2000mへと変更。
現在に至っています。負担重量に関しては1994年に別定重量に一度変更されましたが、
1997年にハンデキャップへと戻されました。夏の函館競馬を代表するハンデキャップ重賞で、
2006年からは夏季競馬を盛り上げるため設けられた「サマー2000シリーズ」の第2戦として行われています。

〇出走予定馬(騎手は想定です)

アメリカズカップ  牡5 55.0 -
アーバンキッド   牡6 54.0 横山武史
エアスピネル    牡6 58.0 福永祐一
カルヴァリオ    騙6 54.0 吉田隼人
ゴールドギア    牡4 52.0 -
スズカデヴィアス  牡8 57.5 勝浦正樹
ステイフーリッシュ 牡4 57.5 中谷雄太
ドレッドノータス  騙6 56.0 菱田裕二
ナイトオブナイツ  牡6 56.0 池添謙一
ブラックバゴ    牡7 55.0 斎藤新
ポポカテペトル   牡5 55.0 岩田康誠
マイスタイル    牡5 56.0 田中勝春
マイネルサージュ  牡7 55.0 国分恭介
マイネルファンロン 牡4 54.0 丹内祐次
メートルダール   牡6 57.0 武藤雅
レッドローゼス   牡5 56.0 蛯名正義

〇レースデータ

過去10年の単勝1番人気馬は〈0・1・0・9〉というように人気と成績は全く反比例しています。
以下、2番人気馬が〈2・0・0・8〉、3番人気馬が〈3・0・0・7〉と、ハンデキャップ競走ならではの結果となっています。

ローテーション別ですと巴賞組の1勝、2着4回、3着3回が最も多いです。
今年はエプソムカップ組(2勝、2着1回、3着1回)がいないだけに、
この巴賞組を重視する必要があるでしょう。年齢別では4歳馬が
計14頭の出走で1勝、2着3回とまずまずの成績を残しています。


〇主な注目馬

ナイトオブナイツ(栗東・池添兼雄厩舎)は前走の巴賞では勝負どころから大外に進出し、
4コーナーを絶好の手応えで回り、直線先頭でそのまま押し切り濃厚かと思われましたが、
スズカデヴィアスの強襲に遭って結局はクビ差で惜しくも敗れました。2000mは
守備範囲なだけに相性の良い函館コースで巻き返しを見せてくれそうです。

咋年のマイルチャンピオンシップ(10着)以来8カ月ぶりの実戦となる重賞3勝馬の
エアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎)。2016年のクラシック4、4、3着、
2017年のマイルチャンピオンシップ2着など実績では抜けた存在です。
距離適性も幅広いだけに。函館参戦は初めてとなりますが、高い能力でカバーしそうです。

前走の福島民報杯で、七夕賞で2着に入ったクレッシェンドラヴを差し切った
レッドローゼス(美浦・国枝栄厩舎)は地道に力をつけてきたステイゴールド産駒で、
重賞初挑戦でも見劣りしません。21戦して馬券圏外に敗れたのはわずか4戦だけ。
相手なりに走れる安定感は馬券的にも信頼できそうです。

今週の中央競馬の予想はコチラ【日曜日版】
https://coconala.com/services/689609

今週の中央競馬の予想はコチラ【土曜日版】
https://coconala.com/services/698182

毎日開催!南関東競馬の予想はコチラ
https://coconala.com/services/721133


最後にポチっと押してね

コメント

タイトルとURLをコピーしました