ローズステークスとセントライト記念の見解・予想について

roses GII

今週は、3歳クラシック3冠目のトライアルとなるローズステークス(日曜阪神芝1800m)とセントライト記念(月曜中山芝2200m)が開催されます。

 

いずれのレースにもいえることは、当日の馬場コンディションをよくチェックすることです。先週の京成杯オータムハンデでは、馬場状態を完全に読み切った横山典騎手の好騎乗が光りました。特に、関東は今週はかなりの降雨もありましたので、しっかりと馬場状態を確認しておきましょう。

 

まず、ローズステークスから検討してみましょう。

roses

オークスからは、ウィクトーリア、シャドウディーヴァ、シゲルピンクダイヤ、ダノンファンタジー、ビーチサンバが直行してきます。人気もオークス直行組が上位になる模様です。

 

ダノン+中内田厩舎+川田騎手の組み合わせは、本番(G1)はともかくGⅡやトライアル戦では部類の安定感があります。とはいえ、賞金的にも余裕があるので、ここを目標に仕上げきるということはなさそうです。この馬の場合には、勝負気配がどうかというよりも、当日の入れ込み具合に注意したいですね。

 

ウィクトーリアも、重賞勝ちがあるので今後のことをふまえても賞金的にも余裕がありますからここはたたき台と割切って使うことも十分考えられます。こちらも馬体管理に苦労しているタイプなので、当日の気配は慎重に見極めたいところです。

 

シゲルピンクダイヤも桜花賞2着があるので賞金的には、上位2頭ほどではありませんが、多少の余裕があります。とはいえ、確実な末脚が武器の馬ですから、阪神外回り芝1800mという舞台の適性は高そうですし、血統的には2000mが良いとはいえないタイプですから、ここが勝負と考えることもできます。調教的にも、かなりしっかり仕上げてきているように見受けられます。

 

ここまでの3頭に比べて、秋華賞以降のことを考えたときに賞金的な余裕があまりないのが、シャドウディーヴァとビーチサンバです。シャドウディーヴァは、岩田騎手が調教でも突きっきりで対応しているようですし、ビーチサンバも、クロフネ産駒で前走は明らかに距離が敗因ですから、秋華賞よりはここでしっかり賞金を加算して、来年のヴィクトリアマイルを見据えるということも考えて不思議ではないでしょう。

 

以上のように、オークス組はそれぞれ一長一短があるので、甲乙付けがたいというのが正直なところです。ただ、オッズ的には勝負気配の高そうな馬の方が人気薄ということは頭に入れて馬券を組み立てた方がよさそうです。

 

別路線組からは、アルティマリガーレ、スイープセレリタスに注目しています。どちらもオークス組に匹敵する人気になりそうです。

 

いずれも、クラス上位の古馬を相手に2勝クラスを完勝しての臨戦です。2頭とも距離延長となりますが、ハーツクライ産駒ですから血統的には、むしろ距離が伸びてという期待の方が大きいといえるでしょう。折り合い的にも問題はありません。特に、ルメール騎乗のスイープは、昨年のカンタービレのように、ここが勝負(ルメールは秋華賞ではコントラチェックに騎乗予定)ということも考えられます。

 

穴候補としては、単騎逃げとなったときのモアナアネラを挙げておきますが、それ以外の伏兵が台頭するシーンというのは、ちょっと想像しづらいなぁと考えています。

 

馬券的には、過去10年でもオークス組で1・2着となったことは3回しかありません。3連複にいたっては、オークス組で1~3着となったのは近10年では0回となっていることを念頭において組み立てた方がよさそうです。

 

オッズもそれなりに割れそうですから、上記の馬の組み合わせでも、3連単なら万馬券ということも十分ありうるでしょう。最終的な判断は、枠順や、前日・当日の馬場状態もふまえながら決めたいと考えています(大外に入った馬がでれば評価を落とそうと思っています)。

 

次に、セントライト記念です。

 

こちらは馬券傾向としては、基本的に「ダービーからの直行組が強いレースである」ということは念頭においておくべきです。

 

過去10年において、ダービー直行組が全く馬券に絡まなかったのは2回ありますが、いずれもダービー直行組が1頭ずつしか出走していないメンバー構成でした。

 

このことは、中山芝2200m(外回り)が、トリッキーと言われる中山コースの中では比較的フェアなコース形態であることも大きく関係しているでしょう。毎年夏競馬の上がり馬が注目されますが、結局は「選ばれし18頭に残った馬は自力が上」ということが少なくないわけです。特に今年は、降級制度が廃止されたことで2勝馬が例年以上に増えていますので、条件クラスからの上がり馬を過剰評価しないように注意したいものです。

 

ダービーからの直行組としては、サトノルークス、タガノディアマンテ、ナイママ、ニシノデイジー、ランフォザローゼス、リオンリオンの6頭の出走が決まりました。当然このメンバーは重視しておく必要があるでしょう。

 

ダービーの着順でいえば、ニシノデイジーが最上位(5着)です。皐月賞はスムーズな競馬ができなかったことが原因と敗因もハッキリしています。非根幹距離(400で割り切れない距離)に強いハービンジャー産駒ですし、ダービー同様に内目に付けられる展開になれば勝ちきるシーンまでありうるでしょう。

 

ダービー7着のランフォザローゼスは、前走の札幌記念が全く良いところなく最下位だったことで人気を落としそうです。しかし、今年の札幌記念のメンバーは古馬GⅠといっても遜色ない馬が揃いましたので、度外視しても良いように思います。先行できる展開になれば持ち味のしぶとい脚が活きるかもしれません。

 

ダガノディアマンテは、ダービー組の中では特に注目しています。こちらは左周りよりも右回りの方が明らかにスムーズな馬ですし、末脚も確実です。また、きさらぎ賞組は当初の評価よりも遙かにハイレベルなメンバーが揃っていましたから、ここで上位争いできていたこと、同じ中山が舞台の皐月賞ではメンバー最先着だったことも忘れるべきではないでしょう。現状では、7、8番人気くらいのようですから、配当的にも妙味十分です。

 

リオンリオンは横山典騎手騎乗、先週の前残り馬場のイメージなどからも人気になりそうです。ダービーは15着でしたが、決め打ちで逃げた結果なので着順は度外視してもよさそうです。ただ、セントライト記念では過去10年逃げて勝った馬はいないということはあたまにおいておいた方がよさそうです。とはいえ、鞍上が鞍上なので、無視はできません。1勝クラス(500万下)ですが、中山芝2200の経験があるのも有利でしょう。

 

サトノルークス、ナイママは、ダービー組の中ではひとつ劣る印象がありますが、セントライト記念の傾向としては、「ダービーの着順は問わず」で考えるべきなので、ヒモ候補としては十分警戒しておくべきでしょう。

 

ダービー組以外の馬では、3戦3勝のザダルが筆頭でしょう。この馬はとにかく競馬が上手ということが一番のストロングポイントでしょう。ダービーにでなかったのはプリンシパルSが雹で延期となったことで間隔が中1週になってしまったこと原因ですから、実質的にはダービー直行組と同等の扱いと考えるべきだと思います。

 

また、プリンシパルS組2着のエングレーバーも侮れません。前走は2勝クラス(旧900万)で2着でしたが勝ち馬は直後に小倉日経OPで3着した馬ですから、相手が悪かったということでしょう。こちらも先行脚質で自在性があり今の中山芝2200mにも合うと思います。能力という面では、ダービー組と遜色ないと考えています。

 

その他には、この夏の上がり馬オセアグレイト、ルヴォルグにも警戒が必要でしょう。オセアグレイトの前2走はかなりの好内容です。こちらも末脚は確実な馬ですし、条件としては、前走の福島よりも今回の中山2200の方が合っているようにも思います。美浦坂路でも毎週のように好時計がでているように、状態面にも全く不安がありません。

 

ルヴォルグは、3頭エントリーしていた藤沢厩舎勢(このうちレッドサイオンが除外)の中でもルメール鞍上ということで勝負気配の強さがうかがえます。こちらは、ここで出走権を確保しないと本番は難しいでしょうから、メイチ仕上げということも十分考えられるでしょう。

 

以上のように、今年のセントライト記念は、かなりの混戦模様です。馬券適には、枠順もふまえながら「最もスムーズに競馬のできそうな馬」から手広く、馬連・3連複ボックスというのが良さそうです。

 

今週の中央競馬の予想はコチラ【日曜日版】
https://coconala.com/services/689609

 

今週の中央競馬の予想はコチラ【土曜日版】
https://coconala.com/services/698182

 

毎日開催!南関東競馬の予想はコチラ
https://coconala.com/services/721133


最後にポチっと押してね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました